あまなしクローゼット

4歳男児を育てる30代主婦です。 日常の出来事、成長記録、ハンドメイドの子供服についてや、既製品の子供服の紹介、個人的な感想などを綴っています。

こばなし32~誰が桃に赤ん坊をつめたのか?~

あまなしの父も母も子供の頃、

「夜寝ないと鬼が来るぞ!」

と言われて育ちました。

 

なので息子あまなしにも、

「夜寝ないと鬼が来るよ!!」

と小さいころから言っています。

 

今日は或る夜、寝ない息子あまなしと、夫の会話について話します。

 

 

寝る時間になっても遊びをやめず、寝ようとしなし息子あまなしに

 

「〇〇ちゃん、寝ないと鬼がくるよ!!」

 

という夫。

 

いつもだったら、ここで遊びを止めて、急いでお布団へ向かうのですが、その日の息子は

 

「そしたら、桃太郎に倒してもらうからいいよ」

 

いつになく強気な発言。

 

夫が

 

「桃太郎どこにいるの?」

 

と尋ねると、しばらく考えてから

 

「赤ちゃんを桃に入れたら、桃太郎ができるんじゃない?」

 

と真剣に答える息子。

 

「ねぇ、パパ。誰が赤ちゃん桃につめたの?おじいさん?おばあさん?」

 

と本気で悩みだす息子。

 

「桃につめたんじゃなくて、桃からうまれたのが桃太郎なんだよ」

 

と答える夫。

 

「じゃあ、誰が赤ちゃんつめたの?」

 

と、あくまでつめらた設定の息子あまなし。

息子の中では、赤ちゃんはお母さんから生まれるもので、桃から出てきたということは、誰かが桃に赤ちゃんをつめたからだと思っているようです。

 

母も昔、桃太郎の話をしてもらいましたが、一度として桃から生まれたことに疑問を抱かなかったし、ましてや桃につめられたって発想にも至りませんでした。

 

息子あまなし4歳。

意外と現実的な考えの持ち主のようです。